会の紹介

森林整備に向けた取組 「小規模林業地ならではの 需要直結型の間伐促進」

安曇川流域・森と家づくりの会では、豊かな森づくりに向けて、地域の森林整備に向けた取組を実施しています。

安曇川流域の豊かな森づくりに向けて

滋賀県・湖西の安曇川流域には豊かな森林資源があります。しかし、地域の林業は小規模で、森林整備の担い手やインフラが脆弱なことが課題です。

森林所有者の高齢化が進むなど、林業を担う体制は弱くなりつつあります。

これは、全国の多くの山村にも共通した課題ではないでしょうか。

当会は、地域の森林資源の恵みを受ける者として、地域の林業関係者とともに地域の林業を元気にしたいと考えています。そこで、地域の森林整備を担う地元森林組合の作業班方々と連携し、特に間伐技術の向上に特に着目して、森林整備を進める体制作りに取組んでいます。

「森林の時間、木のリズムに合わせた山づくり」と語る栗本さんは、従来の皆伐を止め、択伐に転換したり、天然苗での植栽を行ったりと、自然の力を活かした山づくりを行っています。


安曇川流域の美しい人工林

取組の概要

本事業では、地元森林組合作業班と当会が共同して研修会を行い、作業班の利用間伐の技術向上を図ることで間伐を促進しようという取組を進めています。


事業の実施体制

滋賀県は、全国でも数少ない人口増加地域であり、今後も間伐材の需要が伸びると期待されます。顔が見える関係で間伐材の供給体制を整えることで、小規模林業地ならではの、需要と供給が直結した木材流通の仕組みをつくることを目指しています。

需給のマッチングを図っていく上では、丸太や製材品を小規模でもストックしていく仕組みを持つことが必要であると感じています。これは必要な部材をそろえるために、「時間をかける」仕組みを持つということであると思います。私たちにとっての次の大きな課題ですが、多彩な立場の参加者がいる当会の力を合わせて、実現していきたいと考えています。

私たちのような仕事の仕方は、もしかすると非効率で遠回りで無駄が多いことかもしれませんが、林業から住宅産業までが地域で小規模にまとまっているからこそできる丁寧さだと考えたいと思っています。もしかすると、このような無駄や遠回りの中にこそ、地域活性化のチャンスがあるのではないでしょうか。

本事業での取組を継続しつつ拡大し、地域全体から木材を出していける、またそれをしっかり受け止めて活用できるような体制を作りたいと考えています。

この事業を企画したきっかけ

本事業を企画するに至った経緯をご紹介したいと思います。

当会代表理事の宮村は、設計士をしていますが、元々は大工さんになりたかったぐらい、木が大好きでした。木の家の設計が主な仕事になって以来、パートナーとなる林業家(当会副代表理事の栗本)の山に足しげく通うようになり、木や山のことを学びました。いつしか、「こういう木を出して欲しい」と造材作業にまで立ち会うようになりました。

一方、当会副代表理事の栗本は、安曇川源流の朽木針畑地区で、代々続く林業を営んでいます。栗本林業の材ばかりで家一棟をつくるプロジェクトに参画したことをきっかけに、木を出すまでの林業から、家づくりまで関わる林業に発展しました。自身の木を使った家の完成まで立会うようになりました。施主が喜ぶ顔を見て山仕事への意欲を一層高めるとともに、私たち建築士とさまざまな議論をするなかで、どのような木が求められるかニーズを詳しく研究されました。

このような、「需要と供給を直接対話でつなげる」という私たちの経験を地域に広げることで、地域の林業がさらに元気になるのではないか、というアイディアが、この事業に取組むきっかけになりました。



※本事業は、平成22年度林野庁補助事業「森林整備広域連携促進対策事業」の助成を得て実施しました。

ページトップ